メバリング

メバリングを楽しもう

メバリングは、ルアー(疑似餌)やソフトワームを使い「メバル」を釣る釣法だ。近年人気がでてきて、その人口はうなぎ上りに増えている。

当サイトでは、そんな「メバリング」にスポットライトを当て、基礎知識から応用テクニックまで、メバリングに関する情報を惜しげなく配信していこうと思う。



メバリングは簡単なのか?


ルアーフィッシングに難しいイメージを持っている人も多いと思うが、メバリングに関してはそうではないと言い切れる。昨日今日メバリングを始めた初心者であっても、一匹二匹のメバルを釣り上げることは容易だ。本当に簡単に釣れるターゲットである事は間違いない。


では、面白味がないのか?と問われると、それはちょっと違う。


サイズにも拘らず、数匹単位のメバルを釣るだけで満足する人であれば「面白味はない」と言い切れるのだが、数釣りを求めたり、サイズアップを求めたり。メバルの質を求めていけば「メバリング」が本当に奥が深い釣りだといえる。


実際メバリングを経験してみると分かると思う。当たりはあるが全く針掛かりしない場面があったり、姿は見えるのに反応しない事があったり。

それでも何匹かは釣り上げる事はできるのだが、それは実力ではなく運が良かっただけの話。釣ったのではなく、勝手に釣れたのだ。それでは結果的に釣りの醍醐味を自ら切り捨てている事になる。


メバリングは簡単な釣りだが、その反面難しい釣りでもある事を理解すれば、今後の人生「メバリング」にどっぷりハマるのは言うまでもない。


管理人使用のメバリングタックル


はじめにいっておくが、僕は道具に大金を叩くタイプの人間ではない。「釣りは道具じゃない、心でするもんや。」と気の利いたコメントをしたいところではあるが、実際は「良い道具が欲しくてほしくて仕方がない」が「単純にお金がない」からだ。お金持ちの人は値段も高いが性能も高い高級品を揃えたほうが良いに決まっている。


ただ、最近のロッドやリールは高性能なものが増えてきており、手軽な値段である「エントリー」クラスのものでも十分なポテンシャルを秘めている事が多い。1000円とか2000円とかの極端に安いものであれば話は変わってくるが、基本的には「安かろう悪かろう」の認識は捨て去ったほうが良いとは思う。

実際僕もエントリークラスの道具で数えきれないぐらいのメバルを釣り上げている。道具のポテンシャルが足りない分は腕でカバーしている。とカッコつけたコメントでも書いておこう。


道具に関してはメバリングの道具についてカテゴリにまとめてあるのでそちらを参考にしてもらいたいが、ここでは僕が使用しているメバリングタックルの中で最も愛着があるロッドとリールを紹介しておこうと思う。道具を揃えるときの参考までに。

ツリイコってサイトを運営してます

このサイトとは別に、ツリイコというブログを運営しています。メバリングに関する情報をこれでもかってぐらい詰め込んでるので、こちらも参考までにどうぞ。 →メバリング初心者に贈る超入門ガイド