メバルの生態

メバルの生態

 

釣りはターゲットの生態を知り、その生態に合わせた釣法で行うと釣果が上がる。まずは敵(メバル)の事を知るためにも、メバルの生態を知っておこう。

 

メバルは北海道以南の沿岸部に分布しており、日本であればほぼどこでも釣れる魚だ。夏は水深が深いところに生息しているが、冬になると産卵シーズンという事もあり、浅瀬まで接岸してくることになる。

 

 

主に夜行性であり、明かりがついた常夜灯回りに群れをなして泳いでいる姿が確認できるときもある。メバルの姿が確認できる場所であれば、その他にも大量のメバルが潜んでいる可能性が高い。

 

 

メバルは根を好む魚なので、自分の身を隠せる場所が多いところで生息する習性がある。昼間は岩の間にジッと身をひそめ、夜になると餌を求めて海面付近まで浮上してくるのだ。比較的水深が浅い(1メートル程)の場所でも釣れる事があるので、ポイント探しのヒントにしてもらいたい。

 

 

メバルはその名の通り、目が大きくクリンクリンしている。見た目は他の魚に比べて愛おしく感じる人が多いのではないだろうか?漢字では「眼張」と書き、シーズンが春な事から「春告魚」と呼ばれることも。いずれにせよメバルの知名度は高く、大衆魚なため知らない人は少ないであろう。

 

 

メバルの食性を知る

 

 

メバルが普段、何を餌にしているのかを知れば、必然的に釣果に繋がるのは間違いない。

 

基本的にメバルはフィッシュイーターであり、肉食の魚である。そのためルアーやワームにもすこぶる良い反応を見せてくれることになるのだが、時期によって餌にしているものが違うので覚えておいてもらいたい。

 

 

ベイトの種類は地域さもあり正確にわかる事ではないのだが、イソメ類を食べていたり、小魚食べていたりとそれぞれだ。もちろんイソメをメインとしている時に小魚に似せたプラグを使えば釣果は落ちるだろうし、その逆も然りだ。

 

 

ルアーフィッシングは肉食魚の動くものに対する反応を利用した釣法でもあるが、やはり食べている餌に合わせたルアーセレクトも大事だと言える。マッチザベイトというのだが、腕の上達には欠かせない技術なので、ぜひ覚えておこう。

ツリイコってサイトを運営してます

このサイトとは別に、ツリイコというブログを運営しています。メバリングに関する情報をこれでもかってぐらい詰め込んでるので、こちらも参考までにどうぞ。 →メバリング初心者に贈る超入門ガイド