メバルの乱獲について

メバルの釣りすぎに注意しよう

 

メバリング、と言うよりルアーフィッシングが流行りだし、大阪もメジャースポットはどこを見渡しても人、人、人、とにかく多くの人がルアー釣りに勤しんでいる。

 

 

その一方で、マナーの悪い釣り人が増加している事実もある。若い子だけではない。見本にならなくてはならないはずの大人にも、マナーが悪い人は沢山いる。

 

 

ゴミを捨てるとか、隣の釣り人を威嚇して怖がらせたりとか、釣り人というより人間としてのマナーを守れてない人が本当に多い。とてもみっともないし、とても迷惑。

 

 

そして、釣った魚を地面に叩きつけて笑っている人、海に投げつけてリリースする人、どうみてもメバルの幼魚なのにリリースせずに持ち帰る人。

 

 

どれも最低の行為である。絶対にやめよう。

 

 

メバルの数が減ってきている?

 

 

メバリングが流行りだしたのと同時に、メバルの絶対数が減ってきているように感じる。というより、減っているのであろう。

 

 

昔に比べ、明らかにヒット数は減ったし、地域の釣果情報も貧相なものになってきている。

 

 

釣り人が増加するという事は、それだけメバルを持ち帰る人が多くなるという事。

 

もちろん僕も持ち帰るし、持ち帰って美味しく食べるのもまた、釣りの醍醐味だと思っている。なので基本的には問題ないのだが、無駄に個体数を減らすような行為は止めるべきであろうと思う。

 

 

乱獲は生態系に悪影響を及ぼす可能性もあるのだ。

 

 

釣り過ぎに注意

 

 

メバリングは、とても簡単に釣れる釣りだ。そのため多くのメバルを根こそぎ釣って根こそぎ持って帰る人も多いと思うが、その行為そのものがメバルの減少に繋がっているのだ。

 

 

釣りぐらいで何を大袈裟な・・・と考える人も多いだろが、釣り人100人が10匹のメバルを持ち帰っただけで1000匹だ。

 

メバリングを楽しんでいる人は全国にどれくらいいるだろうか?そう考えれば、「たかが釣り」なんて考えは浮かばないと思う。

 

 

確かにその程度の減少で絶対数が減るとは考えずらいかもしれないが、問題は「幼魚」までも持ち帰っている事。

 

 

メバルはとても成長が遅い魚だ。

 

 

成魚になるまで非常に長い年月をかけながら成長していくのだ。そんなメバルを子供の時に獲って食べてしまえばどうなるだろうか?

 

 

大人になるメバルが現象し、結果子供を産む個体が少なくなる。こうなれば、年々徐々に絶対数が減っていくのだ。

 

漁協などが稚魚を放流している事もあり、近海にメバルの生態系は保たれているが、もしそれがなければどうなるのか?想像しただけで恐ろしい。

 

 

釣りを楽しむ以上、釣り人には自然を守る義務もある。それが理解できず、自分には関係ないと言い張る人は二度と釣りをしないでおこう。

 

それが世のため人のためだ。

 

 

ツリイコってサイトを運営してます

このサイトとは別に、ツリイコというブログを運営しています。メバリングに関する情報をこれでもかってぐらい詰め込んでるので、こちらも参考までにどうぞ。 →メバリング初心者に贈る超入門ガイド