メバリングラインについて

メバリングラインの選び方

 

メバリングでは、基本的に細いラインを使用する事になるので覚えておこう。素手で軽く引っ張るだけで切れてしまうほどの極細ラインを使う事になるので、ライン選びは慎重に行いたい所だ。

 

 

ラインは大きく分けて「PE」「ナイロン」「フロロ」の3種に分けられる。それぞれ特性が別物なので、まずはそれぞれの特性を見ていき、メバリングにあったラインを割り出してみよう。

 

 

PEライン

 

 

ルアーフィッシングを始め、多くの釣りに用いられるラインであり、ルアーマンにとって最も馴染みの深いラインではないだろうか?

 

 

特徴としては、ラインの伸縮性が皆無である事が挙げられる。伸びがない事で魚のアタリがダイレクトに伝わってくる事になり、釣果アップに繋がる。

 

強度も非常に強い。

 

 

また、摩擦の関係から大きく飛距離が伸び、少しでも距離を伸ばしたいルアーフィッシングにおいて強い味方になる事は間違いない。

 

 

しかし、比重が軽いため強風の日にはライントラブルが頻発する事が多い。また、引張りにはとても強い強度を保つ事ができるが、擦れには滅法弱い。

 

 

根に擦ったり、魚のエラに触れただけでも簡単に切れる。

 

 

そのため先端に「リーダー(ナイロン、フロロ)」を組む必要があるので手間やコストもかかる事になる。

 

 

 

フロロカーボン

 

 

最近ではメインラインとして「フロロカーボンライン」を使用している人を見る機会は減ったが、敢えて使ってみるのも面白いかもしれない。

 

 

フロロはナイロンに比べ感度は良く、PEラインと違い「擦れ」に強い。伸縮率もナイロン同様高く、魚の吸い込みにも対応する事ができる。

 

 

比重が思いため、水に沈む事になる。メバリングでPEラインをメインとする場合、フロロをリーダーとして多用する事になるのもこの性質だからだ。

 

 

ナイロンライン

 

 

昔から釣りに多用されているラインであり、クセも少ないため初心者アングラーに高い評価を得ている。

 

メバリングでは一番使用頻度の高いラインだと言える。

 

 

特性としては、とても伸縮率が高い事と、ライントラブルが少ない事、非常に安値な事が挙げられる。

 

 

ナイロンラインは伸縮率が30%もあり、とにかく伸びる伸びる。単純計算では100メートルラインがでている時に30メートルの伸びがあるという事だ。

 

 

伸縮率が高いと魚のアタリをとるのが難しくなるが、ファイト時に伸びを利用して余裕のやり取りをする事が可能になる。

 

細く切れやすいメバリングラインにおいて、「伸びる」というのはメリットになるのだ。

 

 

比重が軽く、水に浮きやすい。

 

メバルは夜間、表層付近にいる事が多い。そのため、一定速度で表層をリトリーブする必要性があるのだが、やはりそれに適しているのは「水に浮く特性がある」ナイロンラインだ。

 

 

メバリング初心者は、ナイロンラインを選択するのがベターな判断だと言える。

 

 

 

ラインの細さ

 

 

メバリングでは、基本的に細いラインを使用する事になる。1グラム前後のルアーを使う事が多いメバリングでは、太いラインであるほど飛距離がでなくなるのだ。

 

 

極限まで細いラインを使うのが良い。

 

 

どの程度のライン強度が良いのかと言うと、「3lb」前後を選択していれば間違いない。

 

それ以下であれば不意の大物(メバリングでは良くシーバスがヒットする)に対応する事は不可能になるし、それ以上であれば飛距離がグンと落ちる(メバリング用ラインではそもそもキャパが足りなくなる)

 

 

僕自身、3lbのナイロンラインをメインに使っているし、初心者の人は迷わず3lbを巻いておけば間違いないと思う。

 

ツリイコってサイトを運営してます

このサイトとは別に、ツリイコというブログを運営しています。メバリングに関する情報をこれでもかってぐらい詰め込んでるので、こちらも参考までにどうぞ。 →メバリング初心者に贈る超入門ガイド