メバリングのショックリーダー

メバリングショックリーダーの選び方

 

メバリングで使うラインは人によって様々。

 

メバリングの基本は「ナイロンライン」となるが、最近ではメバリング用PEラインの性能も上がっているので捨てがたいし、フロロは潮に馴染みやすいし、ナイロンにはない特性を持っている。

 

 

最終的には好みとなるのだが(僕はナイロン派)、それぞれの特性を生かし使い分ける事も可能だ。どれが正解なのか?なんて問はナンセンスだと言える。

 

 

今回はPEラインを選択した時の話になるのだが、PEラインの特性として「擦れに弱い」というものがある。根や魚のエラや背びれに触れただけで簡単に切れてしまうのだ。

 

 

その弱点をカバーするために、先端に「ショックリーダー」を組み込む事になる。

 

擦れに強い「ナイロン」「フロロ」のどちらかを1メートルほどつけておき、ファイト時のラインブレイクを最小限に抑えるのが目的だ。

 

 

では、メバリングに適した「ショックリーダー」はどのようなものなのか?

 

 

ショックリーダーの号数を決める

 

 

一般的には「メインラインより3倍太いリーダー」を付けるのが定石とされているが、これも大体で良いと思う。

 

そもそもメバリングで使用するメインラインはとても細い。

 

それ以下のラインなんてのは中々手に入らないだろうし、とりあえずナイロンかフロロで、メインラインより少し太めのものを選択しておけば大丈夫だ。

 

 

僕がPEラインを使用する時は「PE0.4号にフロロ4lbを1メートル程」なので参考までに。

 

 

オススメのショックリーダー

 

 

ぶっちゃけ、ショックリーダーに拘りを持つ必要はないと思うし、あまりの粗悪品でなければ使用感にさほど影響はない。安さとデザインとかで決めたら良いと思う。

 

 

心配なら専用ショックリーダーを使えば良いと思うし、値段もそれほど高くない。僕が使用しているのは

 

 

 

 

なので、参考程度に収めておいてもらいたい。

ツリイコってサイトを運営してます

このサイトとは別に、ツリイコというブログを運営しています。メバリングに関する情報をこれでもかってぐらい詰め込んでるので、こちらも参考までにどうぞ。 →メバリング初心者に贈る超入門ガイド