メバリングワーム

 

メバリングではミノーやシンキングペンシルなどのプラグを用いる事もあるが、やはり安定的な釣果とその手軽さから「ワーム」を選択する人が多い。

 

 

実際僕もメバリングでプラグを使う機会は少なく、ほとんどの釣果をワームで得ている事になる。

 

 

「ワームを極める事」が「メバリングを極める事」になるといっても過言ではないだろう。ワームの特徴を知り、選択の幅を広げる事でメバリングの腕を磨いていこう。

 

 

ワームのコスト

 

 

基本的に僕はほとんどの場合「ワーム」を用いてメバリングを楽しんでいる。なぜそこまで偏りがでるのかというと、圧倒的に「コスト」が安いからだ。

 

 

もちろんワームに対するメバルの反応が頗る良い事も理由に上がるが、やはり経済性に勝るものはない。

 

 

 

一般的なプラグは一つ1000円以上の単価にも関わらず、ワームであれば300円から購入する事ができる。

 

一流メーカーのDAIWAでさえ、この値段で購入できるのはメリット以外の何者でもない。しかも良く釣れる。

 

 

ワームのサイズ

 

 

メバリングで使用するワームのサイズはとても小さい。こんなので釣れるの??と疑問に思うほど小さい。

 

メバル自体がそれほど大きな魚ではないので、小魚を捕食している事を考えれば妥当なサイズだとは思うが、最初の頃は半信半疑で釣りをする事になるだろう。

 

 

では、メバリングで使用するワームのサイズはどれくらいかと言うと、「1インチから2インチ」程度のものがメインで使用するサイズだ。

 

 

2インチは約5センチなのだが、それでも大きいぐらい。理想は1.5インチ(約3.8センチ)で、僕の経験上一番釣果がついてくるのもこのサイズだ。

 

 

ワームが大きくなればなるほどメバルの食いが浅くなるように感じている。事実、ワームサイズを落とした瞬間釣果が爆発した経験もある。

 

 

複数サイズを揃えておくのが定石だが、1.5インチをメインに揃えていく事を強くオススメする。

 

 

 

ワームの種類

 

 

一言で「ワーム」と言っても、種類は沢山ある。代表的なものを挙げると「ストレート」、「グラブ」「カーリーテール」、「クロー」があるが、メバリングにも同様沢山の種類が販売されている。

 

 

初心者の頃はあれよこれよと様々なワームを購入し、試してみる事も多いと思う。が、メバリングの基本は「ストレートタイプ」のワームを使うのが良い。

 

扱いやすさもダントツで、釣果も一番期待できる。

 

 

海の状態や魚の活性によって釣れるワームが変わるのは当然だが、とりあえず「ストレート」なワームを使っておけばまず間違いない。

 

 

ルアーケースに2袋程度は忍ばせておくようにしよう。

 

 

 

ルアーカラー

 

 

メバルは目が大きく、暗闇でもしっかりワームを認識できる程度の視力を持ちあわせていると聞いたのだが、果たしてその情報が釣果に繋がるのだろうか?

 

 

結論から言えば、「NO」だと僕は思っている。

 

 

曇っている時はこの色で、、、晴れている時は・・・と、ワームカラーに拘る人も多いが、それは人間側の事情であり、メバルサイドは特に何も感じていないのではないかと思う。

 

 

透明のワームでも釣れるし、白でも黒でも青でも黄色でも、メバルは良く釣れる。

 

仮に釣れるカラー、釣れないカラーがあるとしても、それは「メバルのみぞ知る」なのだ。人間の勝手な推測で把握できるほど自然界は甘くない。

 

 

とはいえ、ワームカラーの必要性を根本から否定するつもりは毛頭なく、できる限り多くのカラーを手持ちとして揃えておいたほうが良いとも感じている。

 

 

メバリングは「カラーローテーション」が大事で、同じカラーのワームで釣り続けられなくなる事が多い。魚がワームを見きってしまい、いわゆる「スレ」た状態になってしまうのだ。

 

 

どのカラーが一番釣れるのか?は分からないが、それを調べる事はできる。どんどんカラーチェンジしていき、その日その日の当たりカラーを見つけるのが釣果を伸ばすコツだといえる。

 

 

 

オススメのワーム

 

 

最後に僕が常日頃からバックに忍ばせてあるワームをいくつか紹介しておこうと思う。人それぞれ好みはあると思うが、参考程度に見てもらいたい。

 

 

ツリイコってサイトを運営してます

このサイトとは別に、ツリイコというブログを運営しています。メバリングに関する情報をこれでもかってぐらい詰め込んでるので、こちらも参考までにどうぞ。 →メバリング初心者に贈る超入門ガイド