メバリングのプラグについて

メバルをプラグで釣ろう

 

メバリングの基本は「ワーム」を用いた釣り方である事が多い。なぜなら、他の釣り方より圧倒的な釣果を得ることができるからだ。

 

特に何も考えずに巻いてくるだけでメバルが釣れてしまう。今日メバリングを始めたばかりの初心者であっても、その結果は変わらない。

 

 

当然腕の有無で釣果に差はついてくるのだが、「メバルを釣る」という目的が達成点で考えれば結果オーライと言える。

 

 

しかし、人間不思議なもので、簡単に目的を達成してしまうとそれはそれで退屈だと感じてしまうのだ。釣れないときは釣れない時で退屈と思うのだが。

 

 

そんな気持ちになったときに楽しめるのが、「ハードルアー」を使った釣り方。一般的な呼び名で言うと「プラグ」や「ルアー」を用いて釣りをすることになる。

 

 

このページは「メバリングのプラグ」について書いてある。ワームに飽きたときは挑戦してみてはいかがだろうか?

 

 

 

ハードルアーとソフトルアー

 

 

単純に呼び方の話だが、知っておいて損はないので覚えておこう。

 

 

メバリングで多くの人に支持されている「ワーム」だが、一般的な総称は「ソフトルアー」と呼ばれている。プラグに比べて素材がソフトである事から、こう呼ばれるようになったのだと思う。

 

 

一方の「ルアー(プラグ)」だが、こちらは「ハードルアー」に分類される。ゴム質なワームとは違い、プラスチックや木材など比較的ハードな素材で作られている事からこう呼ばれているのであろう。

 

 

 

難しいのか?

 

 

メバリングをワームで楽しむ事と比べれば、プラグでメバルを釣るのは「難易度が上がる」と言わざるを得ない。あれだけワームに対して積極的だったメバルが、プラグに変えた瞬間全く口を使わなくなった。というのはよくある話なのだ。

 

 

やはりソフトな素材で作られているワームのほうが、よりナチュラルに疑似餌を演出できるのであろう。ハードルアーではメバルに与えるプレッシャーが大きくなってしまうのだ。

 

 

このことから、プラグで楽しむメバリングは上級者向けと言える。

 

 

簡単にメバルが釣れる!と信じて始めたメバリングで、激渋の釣りをしていたのではどうしようもない。初心者の人ほど、ワームを選択したほうが良いと思う。

 

 

前述した通り、簡単に釣れすぎるワームに飽きてきた人は挑戦してみても良いのではないだろうか?

 

 

釣り方

 

 

プラグもワーム同様、ゆっくり巻いてくるのが基本となる。底、中層、表層とメバルがいるタナを見つけ、ひたすら攻め続ける。

 

時たまトゥイッチでアクションをつけるのも作戦の一つだが、メバルを警戒させる事が多い。ただ巻きが一番安定した釣果を得る事ができるであろう。

 

 

 

プラグに反応するメバルは、活性が最高に上がっている状態だと思っておいて間違いない。完全捕食モードのスイッチがオンになっているのだ。

 

 

そんな時のメバルは表層付近をウロウロしていることが多い。ハードルアーに反応するような活性高のメバルを誘い出すためにも、基本的には表層付近をスローリトリーブするのがプラグを用いたメバリングのメソッドだといえる。

 

 

プラグのメリット

 

 

プラグの一番のメリットと言えば、やはり釣った時の達成感に尽きるだろう。

 

ワームで釣れたメバルより、プラグで釣れたメバルのほうが価値があるように感じるのはルアーマンの悪い癖なのだろうか?とにかく嬉しい気持ちになる。なかなか釣れないのも達成感を増大させる要因になっているのであろう。

 

 

そして、遠投性能に長けるということ。

 

ワームの素材はゴムであることから、キャスト時に風圧で減速することになる。とにかくワームは「投げる」という点においてデメリットしかないのだ。

 

 

一方のプラグはと言うと、ハードな素材で作られているため風の影響を受けにくい。重点も安定していることがあり、キャスト時の姿勢が崩れにくいのも飛距離アップの要因となるだろう。

 

 

場合によっては倍ほどの飛距離差がでることもある。沖にメバルが溜まっているときにはワームよりプラグに軍配が上がることになるだろう。

 

 

 

プラグの種類

 

 

一言で「プラグ」といっても、複数の種類があり、それぞれ違った特性を持っている。

 

もちろん選択するプラグの種類にとって釣り方も変わってくる。釣果を上げるためには知識も必要になるので、それぞれ頭に叩き込んでおこう。

 

 

ミノー

 

 

ミノーとは「小魚」という意味を持ち、その言葉通り「小魚を演出」できるルアーフィッシングの定番とも言えるルアータイプだ。メバリングを含むほとんどのルアーフィッシングで活躍しているルアーだ。

 

 

先端にリップがついており、それが機能しルアーにアクションを加えることになる。そのため、ただ巻くだけでも魚に猛アピールできるような仕組みになっている。もちろんアクションを加えたテクニックもある。

 

 

シンキングやフローティングも用意されており、狙うタナ別に使い分けできるのも便利な所だ。ルアーケースに2、3個常備しておこう。

 

ツリイコってサイトを運営してます

このサイトとは別に、ツリイコというブログを運営しています。メバリングに関する情報をこれでもかってぐらい詰め込んでるので、こちらも参考までにどうぞ。 →メバリング初心者に贈る超入門ガイド