メバリングのジグヘッド

メバリングはジグヘッドを多用する釣り

 

メバリングは「ワーム」をゆっくりただ巻きするのが基本的な釣り方となる。逆に言えば、ワームの事を理解していなければメバリングを楽しむ事はできないだろう。

 

 

ルアーフィッシングに精通している人はご存知だろうが、ワームには様々なリグ(仕掛け)がある。メバリングにも沢山のリグり方があるのだが、最もポピュラーで最も手軽に釣果を上げられるのが「ジグヘッド」を用いたリグだ。

 

 

 

↑こんな感じで針の上に重りがくっ付いており、針にワームを取り付けるだけで簡単にリグる事ができる。ラインにジグヘッドをつけ、ワームを取り付けてゆっくり巻いてくるだけでメバルが釣れる。ジグヘッドを使ったメバリングは最高に楽しい。

 

 

重さも自由自在

 

 

ジグヘッドリグはウエイト(重さ)の選択が自由自在だ。というよりほとんどのリグでウエイトは思うように設定する事ができる。メバリングに関しては「ジグヘッド」がメインとなる釣りのため、選択肢が増えるのだ。様々なメーカーからg単位で発売されている。

 

 

0.9g、1.8g、3.5g、、、、と、ウエイトの選択肢が多いのはありがたい事だ。

 

 

数グラム単位の調整で何が変わるの?と疑問に感じる人も多いだろうが、メバリングは意外と繊細な釣りであり、少しの誤差で釣果が天と地ほど離れてしまうのだ。隣は釣れているのに自分は釣れない。という時は、ウエイトに問題がある事が多いので確認してみよう。

 

 

ウエイトが重くなると飛距離は伸びるが、メバルに警戒されやすくなり釣果は落ちる傾向にある。風が強い日や、底を重点的に攻めるときはウエイトが重たいジグヘッドを使うと良いだろう。

 

 

一方、「ウエイトが軽く」なると飛距離は落ちるが、メバルの食いが頗る良くなる事が多い。メバルが表層に浮いているときや、ウエイトが重いジグヘッドで思うような反応が得られない場合は軽めのジグヘッドを使うのが良いだろう。

 

 

僕の場合だが、釣りポイントについて少しの間は「1g」のジグヘッドで様子を見る事にしている。その日その日でメバルの活性やいるタナが違うため、1gを基準に必要に応じてウエイトを変更し、その日の正解を見つけてみよう。

 

 

ワームのつけ方

 

 

ジグヘッドにワームを付けるのって意外と難しい。慣れればなんとでもないのだが、最初の内は苦労すると思う。

 

特に現場で付けるときが難しい。というのも、メバリングのメインシーズンは一年でも一番寒い季節。手がかじかんでワームを付けるどころの騒ぎではないのだ。ジグヘッドとワームの装着は、できる限り自宅でやってから現場に出向くようにしよう。

 

 

 

 

ジグヘッドにワームを装着するときは、最初に針が出る場所を定めておく必要がある。適当に刺して、適当に付ければワームが歪んで釣果が激減する事になる。メバリングの基本は、ワームは真っ直ぐに!だ。

 

 

 

 

↑こうなれば成功だ。

ツリイコってサイトを運営してます

このサイトとは別に、ツリイコというブログを運営しています。メバリングに関する情報をこれでもかってぐらい詰め込んでるので、こちらも参考までにどうぞ。 →メバリング初心者に贈る超入門ガイド