メバリングの飛ばし浮き

飛距離がでない時は飛ばし浮きを活用せよ

 

メバリングは比重の軽いルアーやリグを使用する事が多い。そのため飛距離が思うように伸びず、メバルがいる位置までキャストする事が困難な場合がある。釣れる状況なのに釣る事ができない。こんな事があっても良いのだろうか?

 

いいや、ダメだ。そこにいる魚を釣れないようではルアーマンを名乗る資格などない。早急に対策を考えよう。

 

 

飛距離を伸ばすための案

 

 

では、どのようにしてキャスト時の飛距離を伸ばすのかを考えてみよう。

 

単純にロッドの長さを長くしたり、上位機種のリールを使ったり・・・と、道具によるスペックを上げるか、使用するルアーやワームのウエイトを重たくするか。ぐらいしか方法はないと思う。

 

 

前者であれば金銭的な問題で解決できるか、根本的な解決にはなっていない。どれだけ性能の良い道具を使おうと、飛距離を思うように伸ばすには限界があるからだ。もちろんルアーウエイトを重たくする事にも限界はあるが、現実的なのは後者であろう。

 

 

ウエイトを重たくするだけで飛距離は1.5倍以上も伸びる事になる。

 

 

単純にジグヘッドのウエイトを上げれば済む話ではあるが、それではメバルの食いが浅くなる恐れがある。飛距離のために釣果を落としていれば元も子もない。それとは別の方法で考えてみよう。

 

 

 

飛ばし浮き(フロート)を使用する

 

 

結論から言うと、飛ばし浮き(フロート)を使用する事で簡単にリグそのもののウエイトを上げる事ができる。もちろん疑似餌となるルアーやワーム本体には一切関与しないため、飛距離が伸びた事による釣果ダウンを極力下げる事ができ、普段と変わりない釣果をたたき出す事が可能だ。

 

 

 

飛ばし浮き(フロート)は飛距離を稼ぐ目的で使用するのが一般的だが、それ以外にもメリットがある。フロートにはシンキング(沈む)とフローティング(浮く)の二種類に分けられている場合が多く(メーカーによって異なる)それぞれの特性を生かした釣りをする事が可能になるのだ。

 

 

シンキングを使えば底付近にいるメバルにアピールしやすくなるし、フローティングを使えば表層付近のメバルに猛アピールできるようになる。それと、フロートからワームまでの距離があるため、ロッドの動きが伝わりにくく、より自然な動きを演出する事ができるのも「飛ばし浮き」のメリットと言える。

 

 

とにかくメバリングをやっていく上で「フロート」の存在は切っても切れないものとなる。ケースに常備しておきたい所だ。

 

 

フロートの使い方

 

 

手書きで見にくく申し訳ないが、フロートはこのような感じで使用する事になる。

 

ライン(道糸)にフロートを取り付け、フロートからリーダー(フロロがオススメ)でワームを結ぶ。これだけでジグヘッドだけでは成し得ない飛距離を得る事が可能だ。メバリングの戦略の一つとして頭に入れておこう。

 

 

注意しなくてはならないのは、「ウエイトの上げすぎ」だ。ロッドが持つポテンシャル以上のウエイトを超えてしまえばオーバースペックとなりロッドの破損に繋がる恐れがある。特にソリッドリップは先端が非常に折れやすいため、より一層注意しておいたほうが良いだろう。

 

 

フロート+ジグヘッドのウエイトである事をお忘れなく。

ツリイコってサイトを運営してます

このサイトとは別に、ツリイコというブログを運営しています。メバリングに関する情報をこれでもかってぐらい詰め込んでるので、こちらも参考までにどうぞ。 →メバリング初心者に贈る超入門ガイド