メバリングロッドの選び方

メバリングロッドをそろえよう

 

メバリングは腕よりロッドが重要。と言われるほどロッドのポテンシャルに依存する釣りだ。ロッド選びを間違うと釣果に大きな開きがでるし、釣れない事によるストレスも溜まる。

 

 

最近のロッドは安価なエントリーモデルでもそこそこのポテンシャルを持つものが増えてきている。

 

高級ロッドに勝ち目はないが、とにかくメバリングがしたいんや!という人向けに、「メバリングロッドの選び方」を紹介しようと思う。

 

 

チューブラーとソリッドを知る

 

 

メバリングロッドを選ぶ時に大きな2つの選択肢がある。「チューブラーディップ」のロッドか、「ソリッドディップ」のロッドが。

 

 

それぞれ特徴があり、選択によって釣り方も変わってくるので慎重に選びたいところだ。では、チューブラーとソリッドの特徴をそれぞれ見ていこう。

 

 

チューブラーディップ

 

 

 

チューブラーディップとは、竿先の部分が空洞になっているロッドであり、多くのルアーロッドはチューブラーである場合が多い。

 

そして、竿先が硬いという特徴もある。

 

 

その特性を活かし、ルアーにキビキビとしたアクションをつけやすいし、魚のアタリも感じやすいようになる。

 

その反面、ロッドの硬さ故に魚のバイト(アタリ)を弾いてしまうになってしまう。

 

 

要するに、魚がアタッた時にフッキングをしなければ針がかりしない事が多いのだ。アタリが小さく、フッキングが難しいメバリングにおいて、このデメリットは如何なものかと思う。

 

 

アタリを取り、自らの腕でフッキングをするといった楽しみ方もあるが、やはり上級者向けだとは思う。

 

 

ソリッドディップ

 

 

一方のソリッドディップはというと、竿先が空洞ではない。そして、竿先が非常に細く作られており、ロッドを少し振るだけでビヨーンとしなる事になる。

 

 

ディップが柔らかいため、アタリを弾く事が少なく、要するに自動的にフッキングする事になる。前アタリもなにもなしに、ガツン!とイキナリヒットし、ビックリする事もある。

 

 

自動的にメバルが釣れてしまうので、中級者以上のルアーマンには少々物足りないかもしれない。そんな時は敢えてチューブラーを選択するほうが良いと思う。

 

 

そうではない初心者の人は、何の躊躇いの持たず「ソリッドディップ」を選択するようにしよう。なぜなら簡単に釣れるから。

 

 

 

代用はできる?

 

 

メバリングはバスロッドで代用できる!とドヤ顔で言う人もいますが、個人的に代用などもっての外だと思っている。

 

もちろんバスロッドとメバリングを兼用にできない訳ではない。ウルトラライトのバスロッドであればそれこそ似たようなものだからだ。

 

 

しかし、やはりバスロッドはブラックバスを釣るために設計されている。

 

 

 

メバルより遥かに力の強いブラックバスを釣るロッドで、メバルを釣ればどうなるの?


 

ロッドを立てるだけでメバルが水面を飛び出してしまうよ。


 

 

ロッドのパワーが強すぎて引き味も何も楽しめなくなる。それは釣りではなく、漁だ。

 

 

メバリングを楽しむためには、やはり「専用ロッド」を所持する事をオススメする。一度経験してみたい。ぐらいの気持ちであれば、手持ちのロッドで代用しても良いとは思う。

 

 

 

ツリイコってサイトを運営してます

このサイトとは別に、ツリイコというブログを運営しています。メバリングに関する情報をこれでもかってぐらい詰め込んでるので、こちらも参考までにどうぞ。 →メバリング初心者に贈る超入門ガイド