メバリングリール

メバリングリールの選び方

 

 

メバリングのリール選びで大事なのは、「リールの大きさ」、「リールのギア比」、「リールの回転性能」、この3つを基軸に購入するリールを選ぶ事になる。

 

 

結論から言えば、値段が高いリールを購入するのがベストだと言えるが、それではここで話をする必要はない。値段が上がるほど高性能なのは言うまでもないからだ。

 

 

大事なのは、「安くて性能がよく、長く愛用できるもの」を選択する事。

 

 

価格の幅は3000円?60000円程で大きく幅が開くが、「メバリングを始めてみよっかな?」程度の思いいれであれば「一万円前後」のリールで十分事足りる。

 

 

この事から、このページでは「メバリングリールをできる限り安く高性能なものを買う」事を前提にお話していこうと思う。

 

 

まずは、メバリングリールを選ぶ基準を知っていこう。

 

 

 

メバリングリールの大きさについて

 

 

リールには大きさ別で番数が振られており、狙いたいターゲットによって大きさの選択ができるようになっている。

 

 

陸っぱりのルアーフィッシングでは1000番から5000番までのリールを用いて釣りをする事がほとんどなので、この数字を頭に入れておいてほしい所だ。

 

 

では、メバリングで使用するベストサイズはどうなのか?

 

 

「1000から2000番」の幅でリール選びをするのがベスト。メバルは小さい魚である事を考えると、それ以上のリールであればオーバースペックとなってしまう。

 

 

メバリングで使用するラインは細く、2000番以上のリールではそもそも糸巻き量の帳尻が合わなくなるし、一回転毎の巻取り幅も大きくなり、メバリング向けのリールではなくなる。

 

 

注意点が一つある。メーカーによって大きさの基準が違うので、一度実際に手にとって触ってみる事をオススメする。

 

通販で購入して「想像より大きかった」となるのはよく聞く話だ。通販で購入するにしても、一度は実店舗に行きリールを生で見るようにしておこう。

 

 

 

リールのギア比

 

 

リールにはギア比が設定されている。

 

簡単に「ギア比」を説明すると、リールのハンドル一回転につき、スプール(糸巻き部分)がどれだけ回転するかを表したもの。

 

要するに、一回転での糸巻き幅を表しているのだ。

 

 

そこまで慎重になる事もないが、メバリングを含めたライトルアーフィッシングでは、ワームやルアーをゆっくり一定の速度で引いてこなくてはならない。

 

このポイントを疎かにするだけで、釣果は鬼のように変貌する。

 

 

メバリングは、尺メバルだけ狙う場合を除き、基本的に「ローギア」を選択する事が定番となっている。巻取り幅が少ないものを選択するようにしよう。

 

 

巻き取り幅が多いハイギアリールは、思った以上に巻取りスピードが速くなってしまっている事が多い。活性が高い場合を除き、これでは魚を警戒させ、結果釣果に結びつかなくなるのだ。

 

 

ギア比の見方だが、仮に「5.5:1」だとしよう。この場合、一回転あたりのスプール(糸巻き部)回転回数が5.5回転という事を表している。

 

 

回転回数が少ないほうが糸巻き量が少なくなる。メバリングリールを選ぶ時はしっかり確認しておこう。

 

 

 

リールの回転性能

 

 

安いリールであればあるほど、回転性能が悪くなる。

 

と言うのも、リールの回転性能は「ボールベアリング」の数で決まる事になるからだ。単純に安いリールはベアリングが少なく、高いリールは多いのだ。

 

 

回転性能を極限まで上げたいのであれば「ステラ」などの高級機を購入する事をオススメするが、それなりで良いのであれば最低4つ以上のベアリングが入っていれば十分。

 

 

ベアリングの数=リールの性能

 

ではなく、あくまでもボールベアリングは「巻き心地」を良くするものだと認識しておこう。

 

 

メバリングの基本釣法は、「ゆっくりタダ巻き」だ。もう少し具体的に言うと「ゆっくり一定速度でタダ巻き」になる。

 

 

リールの回転性能が落ちると、「一定速度」に保つのが難しくなる。その観点からみて、メバリングには「回転性能」が必要になると言うことだ。

 

 

 

オススメのメバリングリール

 

 

ここまでを統括し、「安い」「良い」「高性能」の三拍子をクリアしたリールを紹介していこうと思う。

 

2機種とも僕が使っているもので、今でもバリバリ現役として働いてくれている。

 

 

基本的に僕は道具にお金を突っ込むタイプではない。コストパフォーマンスが高いものを選択する事が多いので、「道具は一番高価なもので、一番高性能なやつ」でないと気がすまない人には参考にならないとは思う。

 

ツリイコってサイトを運営してます

このサイトとは別に、ツリイコというブログを運営しています。メバリングに関する情報をこれでもかってぐらい詰め込んでるので、こちらも参考までにどうぞ。 →メバリング初心者に贈る超入門ガイド