メバリングの釣り方

メバルはこう釣る!まとめ

 

このサイトを隈なく見てもらえば、「メバリング」の基本的な部分は理解してもらえるとは思うが、情報がバラバラになっていては頭に入りづらく吸収しにくい。

 

このページで「メバリングの釣り方」をまとめていくので、参考にしてもらいたい。

 

 

道具をセッティングする

 

「ロッド」、「リール」、「ワーム」をセッティングしなくてはいけないのだが、釣り場でやっていては効率が悪いと言える。というのも、寒い季節に行うメバリングでは、道具を準備するだけでモチベーションが下がってしまうのだ。

 

極力自宅でセッティングするようにし、ワームも予めジグヘッドに装着するようにしておきたい所だ。そうする事で、効率良く、そして手返しよくメバリングを楽しむ事ができる。

 

 

注意しておきたいのは、タックルを車に積む時だ。ディップが弱いメバリングロッドでは、少しの衝撃で破損する恐れがある。大事な道具を守るためにも、積み込み時は注意しておこう。そして、車のシートに針がかかってしまえば非常に取りにくい。そちらも注意しておいたほうが良いだろう。

 

 

キャストする

 

 

さて、現場についたら早速キャストしていこう。ルアーフィッシングはキャストした回数分釣果が上がる可能性が増える。限られた時間を有効に使うためにも手返しよくキャストを繰り返し行うようにしておこう。

 

 

キャスト時は後方確認を怠らず、後ろに人がいない事を確認してから行動するように。というのも、キャストしようとした勢いで人に針が刺さってしまえば、例え小さなメバリング用のフックでも大けがをする恐れがあるからだ。加害者にも被害者にもならないように、釣り人全員が安全を意識したキャストを心がけるようになればと思う。

 

 

キャストのコツだが、基本的に「メバルがいそうな場所」を目がけてするのが好ましい。広い大海原に考えなしでキャストしたところで釣果は伸びないし、ただ疲れるだけだ。

 

具体的には「壁際」や「テトラ周り」など、所謂ストラクチャーがある場所を目がけてキャストするのが良いとされる。メバルはテトラの間や壁際のケーソンなどに潜んでいる場合が多く、そこから誘い出すようにワームを通してやるのが理想なのだ。

 

 

メバルの活性が高いときは水面を意識して泳いでいる事が多い。この場合は、表層付近をリトリーブするのが正解だ。水面を観察していると、メバルがベイトを捕食しているであろう波紋が見えたり、ライズの音が聞こえてきたり。何かしらの反応がある。

 

その付近をトレースできるようにキャストをすれば、メバルがヒットする可能性は高くなるといえる。

 

 

 

リトリーブについて

 

 

リトリーブ(巻く)時にもコツがいる。なにも考えずにリトリーブした時と、ボーっとリトリーブしたときの釣果の差は一目瞭然。倍近く差が開く事もあるのだ。

 

 

メバリングは、ただゆっくりリトリーブするだけで釣れる釣りだ。もちろん、それだけで釣果はついてくる。が、それは「釣った」のではなく「釣れた」となり、釣りの本質を底から楽しめていないと同様なのだ。ルアーマンとしてこれ以上不甲斐ない事もない。

 

 

狙って釣ってこそのメバリングだ。リトリーブ一つにも拘りを持つようにしよう。

 

 

その日その日で食いが良いリトリーブ速度は違うので、まずはスピードを見極める事。そして、メバルがいるタナを見つけるのが釣果をアップさせるコツだ。

 

 

基本的なリトリーブ速度は1秒に1回転ぐらい(リールのギア比により事なる)で、状況に合わせて遅くも早くもなる。とにかく自分が思っているよりもゆっくりペースで巻くほうが良い。

 

 

タナを見つけるコツは、まず一度底までワームを沈める。1投目は底、2投目は中層・・・と、とにかく広範囲に探っていき、反応があったタナに焦点を合わせひたすら責める。

 

 

何度やってもアタリすらない場合は、メバルがいないか活性が低いかのどちらかだ。こんな日もあるさ。と諦めるか、ポイントを移動するなどのアクションを起こすようにしよう。

 

 

釣れない場所でいくら粘っても、釣れないものは釣れないのだ。見極めが大事とも言える。

 

 

メバルとのやり取り

 

 

さて、ようやくメバルがヒットした!と、ここで安心するのはまだ早い。上手く取り込まなければバラしてしまう事もよくある話だ。せっかくのヒットを無駄にしないよう、落ち着いたやり取りを心がけるようにしたい。

 

 

基本的にメバリングに合わせは必要ない。ソリッドディップであればなお必要ないし、チューブラーでも要らないときのほうが多い。メバルが勝手に針掛かりしてくれる、いわゆる「向う合わせ」の釣りなのだ。

 

 

アタリがあったからといって合わせを入れたら高確率でスカを食らう。慌てずヒットしてくれるまでリトリーブを続けよう。

 

 

 

ヒット後はとにかくメバルを浮かせる事に集中しよう。テトラの隙間や岩の間に身を入れられれば成す術がない。穴からでてくるのを待つか、諦めるかの2択になる。

 

そうならないように、ヒット後はロッドを立て、水面近くまでメバルを浮かせる事に集中しよう。

ツリイコってサイトを運営してます

このサイトとは別に、ツリイコというブログを運営しています。メバリングに関する情報をこれでもかってぐらい詰め込んでるので、こちらも参考までにどうぞ。 →メバリング初心者に贈る超入門ガイド