メバリングのデイゲーム

メバリングでデイゲームは可能なのか?

 

メバリングをするのに適しているのは「夜間」なのだが、日中では釣れないのか?と問われれば「そうではない」と断言できる。僕自身デイゲームでメバリングを楽しむ機会も多い事もあり、実際に釣った事ももちろんある。

 

ではなぜメバリングは夜間のほうがメインとなっているのか?このページでは「メバリングはデイゲームでも成立するのか?」という疑問について考えていく。

 

 

明るさの問題

 

 

単純に夜と朝で決定的な違いは「明るい」か「暗いか」の差だ。人間が視覚を頼りに生活しているのと同様、魚も視覚を活用して生活している場合が多い。

 

特にメバルはその大きな目から想像がつくように、他の魚と比べ視覚が優れているとされている。

 

 

そこで問題になるのが、「ルアーの見極め」の差。

 

 

夜間は見切られなかったルアーも明るい昼間では見切られてしまう。当然違和感を覚えたメバルは食いついてはくれない。要するに、明るさでルアーが見えやすくなるため、メバルを釣る事が難しくなるのだ。

 

 

 

メバルの活性が低い

 

 

メバルは基本的に「夜行性」の魚なのだ。そのため日中は底付近で群れてジットしている事が多く、ルアーへ反応させるのが難しくなると言える。メバルの目の前にルアーをトレースする事ができたとしても、完全に無視する可能性の方が高い。

 

 

その半面、夜間になると警戒心の薄れからか行動が活発になる。中層、表層にも積極的に出てくるようになり、ルアーへの反応もよくなるのだ。

 

 

底にいるメバルをルアーに反応させるには、底付近をネチネチと攻める必要がある。そうなれば「根掛かり」でルアーをロストしてしまうリスクが高くなるのは言うまでもない。メバリングのでゲームでは、そのようなデメリットがある事も理解しておこう。

 

 

 

結論

 

 

結論を先に言うと、「メバリング」は本来デイゲームに向いていない釣りだ。夜間のほうが簡単に釣れ、数もサイズもデイゲームより勝る。特別な理由がない場合、基本的には「ネイトゲーム」で楽しむほうが良いといえる。

 

しかし、メバリングのメインシーズンを考えると夜は寒く、できる事なら昼間にメバリングを楽しみたいものだ。単独釣行がメインの人は夜間よりも昼間のほうが安心感は高いであろう。

 

そのような人は難しいのを理解した上でメバリングを楽しんでみれば良いと思う。実際僕もここ最近はデイメバルを狙う事も多く、コツを掴んでからは釣果も右肩上がりに伸びている。では、デイメバルを釣るにはどのようなテクニックが必要なのか?

 

 

デイメバルの釣り方

 

 

メバリングの釣り方で紹介しているのは、主にナイトゲームを軸にしたテクニックだ。デイゲームでメバリングを楽しむには今までの概念を捨て去る必要がある。知ってるメバリングとは違う。というのを理解して読み進めてもらいたい。

 

 

というのも、デイメバリングでは「ワーム」を使う事はほとんどない。ナイトゲームのようにジグヘッドにワームをついてゆっくりタダ巻き〜では釣果は望めないからだ。

 

 

ワームを使ったメバリングは、いわゆる「マッチザベイト」の釣り。要するにワームを餌のよう演出してメバルのバイトを狙う釣法だ。前述した通り、日が明るいデイゲームではルアーがメバルに見切られている場合が多く、マッチザベイトを狙うのはとても難しい。

 

 

そこで使うテクニックが「リアクションバイト」を誘う釣法。

 

メバルを含むルアーフィッシングで釣れる魚は「フィシュイーター」と呼ばれ、肉食動物に分類される。肉食動物には「動くもの」、「光っているもの」に反応してしまう本能があり、それを利用して釣ってしまおう!てのが「リアクションバイト」となる。

 

 

「キビキビ動かせる」、「光にフラッシングする」、この2つのキーワードをこなせるルアーを利用するのがデイゲームの鉄則となるのだが、そんな都合の良いアイテムは存在しているのだろうか?

 

 

メタルジグ

 

 

言わずと知れたルアーフィッシングの定番アイテムなのだが、メバリングでも活躍できるポテンシャルを秘めている。投げて沈めてシャクる。この動作だけであらゆるフィッシュイーターの本能を刺激できるのだから大したものだ。

 

 

注意点としては、メバリングロッドはディップが細く、ちょっとした衝撃でも折れてしまう事がある。リアクションバイトを狙うがあまり、アクションをつけすぎロッドが破損してしまう。十分考えられる話なので注意しよう。

 

 

より多くのリアクションバイトを誘うのであればピンクやブルーのメタリックカラーを選択するのがベストだが、魚がスレやすいという欠点もある。状況に応じてイワシカラーなどのナチュラルカラーを選択するほうが良い場合もあるので、それぞれ所持しておいたほうが良いだろう。

 

 

 

アイスジグ

 

 

 

一見釣れなさそうの形をしている「アイスジグ」だが、その実力には定評がある。もうね。メバルに限らずなんでも釣れちゃう。人によっては「アイスジグは外道」と言うぐらい、釣果を上げる事のできるルアーだ。

 

 

アイスジグには「キャスト不要」という特徴がある。もちろんキャストしての使用も可能だが、岸壁の壁際に落とし込み、チョンチョンとアクションを入れてやる使い方が一般的とされている。

 

目視できる範囲でアクションをつけていると、周りの魚が狂ったようにアイスジグを追いかけ回す姿を見る事も決して珍しい事ではない。

 

 

デイメバリングには必須ともされるアイテムなので、カバンに一つは忍ばせておきたいところだ。

ツリイコってサイトを運営してます

このサイトとは別に、ツリイコというブログを運営しています。メバリングに関する情報をこれでもかってぐらい詰め込んでるので、こちらも参考までにどうぞ。 →メバリング初心者に贈る超入門ガイド