メバリングポイント

メバルがいるポイントを探す

 

メバリングはポイント選びで釣果に差があると言ってもおかしくない釣りだ。具体的に言えば、「メバルの絶対数が多いポイント」を見つける事ができれば、ほぼ間違いなくメバルの数釣りを楽しむ事ができる。

 

そのようなポイントには小型に混じり30センチを超える尺メバルがいる可能性が高い。メバルの魚影が濃いポイントは、数も狙え、サイズも狙える最高のポイントとなるのだ。

 

 

問題は、メバルの魚影が濃いポイントをどう探すか。という話。

 

 

このページでは「メバルがたくさん居るであろうポイントを見極める方法」を紹介していく。

 

 

とにもかくにも漁港

 

 

メバリングのメインフィールドは「漁港」だ。海に面している都道府県であれば必ず存在し、なおかつ足場が良く安全面も高い。漁港以上に釣りがしやすい環境はないのでは?というぐらい釣り師にとって必要な場所なのだ。

 

もうね、メバリングに関しては「漁港」以外の選択肢を広げる必要はないんじゃね?ぐらいのスタンスでいけると思う。

 

 

欲を言えば、外向きに「テトラ」がある漁港が良い。テトラは足場が悪くなる一方、潮通しが良いため大型のメバルが潜んでいる可能性が高い。メバル以外にもシーバスやチヌ(黒鯛)、アジなど嬉しい外道がヒットする可能性も高くなる。

 

メバリングを楽しめる幅を広げるためにも、テトラの有無を確認しておこう。

 

 

では、漁港は漁港でも、メバリングに適した漁港とはどのようなところなのか?

 

 

潮通しが良い

 

海釣り全般に言える事だが、釣りと潮の関係は切っても切れないものなのだ。魚は潮の動きで行動を変化させる事も多く、潮の流れを読む事は、即ち「腕の上達」となる。

 

 

漁港にも潮通しの良い場所、悪い場所があり、そうなれば当然そこにいる魚の量も変わってくる。奥まった場所にある漁港は潮通しが悪く、外洋に面した漁港であれば潮通しは頗る良い。

 

潮通しが良いかどうかは見た目で判断するには、「ゴミの量」に注目すればすぐわかる。潮通しの悪い場所ではゴミが流されずに溜まっている場合が多いので、判断基準にしておこう。

 

 

 

船が少ない場所

 

 

そもそも漁港は漁師さんが集う場所。船が停泊しているのは当然の事なのだが、キャストする間もないほど船が密集しているようなポイントはメバリングには適していないといえる。そこにどれほどメバルがいようが、釣りをするスペースがない以上どうしようもないので諦めよう。

 

 

無理に狭いスペースでやる人も多いが、船を止めているロープに根掛かりしてしまったり、船に根掛かりしてしまったり。その行為は漁師さんに迷惑をかけてしまう結果になる。釣り人全体の評判にも関わる重大な事なので、しっかり守ってほしい。なにより、漁師さんは怒ると怖いよ。

 

 

 

ベイトが多い場所

 

 

メバリング以外の釣りにも言える事だが、そのポイントにどれだけのベイト(餌)がいるのかを見極める必要がある。メバルを含むフィッシュイーターはベイトがいない場所には決して存在しない。なぜなら食料がないから。

 

 

ベイトの有無は水面を見ているだけで分かる事が多い。ベイトが溢れんばかり存在している漁港では、至る所でベイトによる波紋のようなものが水面に現れるのが見て分かると思う。そのような場所ではたくさんのフィッシュイーターが潜んでいるのは想像に容易い。

 

 

それと、サビキ釣りの釣果を見てもベイトの有無が分かると思う。サビキでイワシが沢山上がっているのであればチャンスは濃厚だ。メバルがイワシを捕食しているのかは分からないが、イワシが沢山接岸する場所は他の小魚にとっても環境が良い場所である証拠。

 

一度地元の釣果情報を確認してみよう。

 

 

常夜灯の有無

 

 

これは絶対条件。常夜灯のない場所でのメバリングは一気に難易度が上がる。

 

常夜灯がある漁港を「足し算」とするなら、ない漁港は「因数分解」だ。それぐらい難易度に差があると思っておこう。

 

 

というのも、常夜灯が生み出す明かりには沢山の小魚が集まる。小魚はフィッシュイーターのベイトとなるので、それにつられてメバルもよってくる事になるのだ。常夜灯付近を粘り強く攻めていればほぼ間違いなく結果はでるだろう。

 

 

 

 

具体的に言うと、上の図のように明暗の差にメバルはいる。明るい場所をめがけてキャストしている人をよく見かけるが、それでは正確なトレースはできていないと言える。メバルは明暗の暗の部分で餌を待ち構え捕食しているのだ。

 

明暗の境目を上手くトレースする事ができればそれだけヒット率が上がると言う訳だ。

 

メバリングの超基本となるので覚えておこう。

ツリイコってサイトを運営してます

このサイトとは別に、ツリイコというブログを運営しています。メバリングに関する情報をこれでもかってぐらい詰め込んでるので、こちらも参考までにどうぞ。 →メバリング初心者に贈る超入門ガイド